アトリエmado

栃木県足利市・佐野市の子ども向け造形教室

裏mado 4回、5回目。しばらくお休みします。

3/27.28に裏mado4.5回目のレッスンをしました。

これを区切りにしばらくお休みします。

 

コロナウイルスの爆発的感染拡大の危機的局面を鑑みての苦渋の決断です。

madoのアトリエは約100㎡。

南北2方向の窓は全開。

ここに送迎保護者含めても最大6人。

石鹸手洗い、アルコール消毒の励行。

おかげさまでかなり安全な環境でしたが、

100%安全と言いきれない。

 

木工をご指導下さる泉さん、また子どもたちの近くには重篤化しやすいと言われる、ご高齢のご家族がおられます。

 

今日現在栃木県の感染者は11人ですが

少しでも早く、できるかぎりの安全を選ぶ時だと

判断しました。

子どもたちの一生懸命な姿や満足そうな顔を思うととても寂しくつらいです。

 

お休み期間中は過去のイベント、展覧会を整理したり、

アトリエを磨いたり、新しいレッスン内容を企んだり、再開したときにはパワーアップして子どもたちをお迎えするよう努めます。

 

さて、裏mado です。

ゴム鉄砲に色をつけました。


f:id:ateliermado:20200329141838j:image

どの方向から見てもきれいです。

f:id:ateliermado:20200329142744j:image

イニシャルをデザインするという課題
f:id:ateliermado:20200329141851j:image
f:id:ateliermado:20200329141841j:image
f:id:ateliermado:20200329141910j:image
f:id:ateliermado:20200329141921j:image

アトリエに着くなり「今日はウシつくる!」という人

f:id:ateliermado:20200329141901j:image

やりたいイメージがはっきりしてると仕事が早い!
f:id:ateliermado:20200329141915j:image

お母さんが大切に集めてあったひいおばあちゃんの

ボタンです。

ウシ、イニシャル、ネックレスとお宝ができあがりました。

f:id:ateliermado:20200329141905j:image
f:id:ateliermado:20200329141858j:image

昔の学生服のボタンかな?
f:id:ateliermado:20200329141908j:image

休校中、息が詰まるわーといいつつ

子どもが何か作るかもと思うと

いろんなものが捨てられないわという

お母さんたちの会話。

 

子どもたちも私もこういう保護者の方々に支えられてると感じます。

 

スプーン作り。けっこう大変。

f:id:ateliermado:20200329142101j:image

f:id:ateliermado:20200329142141j:image

f:id:ateliermado:20200329155033j:image

おばあちゃんはとにかく暖かく見守り…。

新1年生の子はがんばって、

自分で納得する形にできました!

うれしい!自信になります。

f:id:ateliermado:20200329160930j:image
f:id:ateliermado:20200329142104j:image

途中、絆創膏のお世話になりつつも、

手を止めない。

f:id:ateliermado:20200329141945j:image

指に合わせてくぼませてあります。
f:id:ateliermado:20200329142553j:image
f:id:ateliermado:20200329141834j:image

小傷の痛みはふっとんだかな。

裏mado 3回目

ワイズベッカーのイラストレーションを

子どもたちに観てもらいました。

 

素敵なものを観てもらって

感じとり、吸収してもらいたいから。

f:id:ateliermado:20200319222613j:image

なんと、模写が始まりました。

f:id:ateliermado:20200319222558j:image
f:id:ateliermado:20200319222604j:image
f:id:ateliermado:20200319222622j:image
f:id:ateliermado:20200319222817j:image

「あの。。庭の花を採ってきたので

描いてもらえるとうれしいな」

「いいよ。」

f:id:ateliermado:20200319222610j:image
f:id:ateliermado:20200319222617j:image

f:id:ateliermado:20200319222706j:image
f:id:ateliermado:20200319222702j:image

つくりたいものがはっきりしている子

弟へのプレゼントだそうです。
f:id:ateliermado:20200319222555j:image
f:id:ateliermado:20200319222625j:image

 

レッスン前後の手洗い、アルコール消毒。。

開放してる窓からは

和泉屋さんが酒屋さんだった当時の建物、

そして見事な椿の花が見えます。

うららかな春風とともに。
f:id:ateliermado:20200319222607j:image

裏mado 2回目

悩みに悩んで実施した1回目の裏mado


 

3/14の2回目は

兄弟2人を含んだ4人のご参加でした。

 

集まったと同時に手洗いとアルコール消毒からのスタート。

 

明るい色合いの静物を用意しましたが

4人とも木工をしました。

f:id:ateliermado:20200316222122j:image

スプーンづくり。

f:id:ateliermado:20200316222717j:image

 

引く!引くとき!チカラを入れてね!

ついつい応援する声にチカラが入ってしまいます。f:id:ateliermado:20200316222134j:image

途中で窓を開けて換気。。

 

イメージに沿って、細かい仕事ぶり。

f:id:ateliermado:20200316222125j:image

セクシーポーズだと言いながら…笑

f:id:ateliermado:20200316222119j:image

満足。
f:id:ateliermado:20200316222128j:imagef:id:ateliermado:20200316224251j:image

 

「次回色を塗ろうっと!」
f:id:ateliermado:20200316222115j:image

 

たまらん。言葉で説明できない魅力。

f:id:ateliermado:20200316222112j:image

 

最後にまた手洗いとアルコール消毒をしました。

 

子どもたちが満足そうに手を振って帰るのをみて、

こうした時間を過ごすことができてよかったと

感謝の気持ちでした。

 

 

裏mado

コロナ肺炎感染防止のため、総理から休校要請を受け、すぐに3月はお休みと決めましたが、

 

学童や幼稚園、保育園がない子は

行くところがなくて困ってる。

学童さんは人数多くていっぱい

 

などの声を聞き、

 

子どもたちのためにmadoを休むことが

ほんとうにベストなのか、

やらない安全より、

やるリスクをとっていいのか

と延々悩みました。

なにしろ、未曾有の出来事ですから

正解はありません。

 

ただ、子どもたちに少しでもよい時間を過ごしてもらいたい

 

結局、厚生労働省の発表、大阪大学吉森保教授の記事などを読み

子どもが重症化するリスクが低いことを踏まえ、

アトリエmadoを受け入れの場として開放するのがよいのでは?

と考えました。

 

そのために、

・子ども同士の間隔をあけるために人数制限(10人)

・アルコール消毒、石鹸で手洗いを徹底する

・換気をする。

・本人はもちろんご家族などが発熱してないこと

・制作もそれぞれ離れてやる

ことを徹底することにしました。

 

少なくとも電車ではなく、皆さん車なので

移動のリスクはありません。

 

とりあえず3日間だけイレギュラーな日程でやることにしました。

 

裏mado。(ヒッチコックの映画を、思い出しつつ)

 

3/11、1回目

4人参加 (そのうち2人は兄妹)

思いっきりたっぷり、距離は保てました!

 

隣町から来てくれました。

f:id:ateliermado:20200312121451j:image

背伸びをして描く人。
f:id:ateliermado:20200312121459j:image

正座をしてキリを使う人。
f:id:ateliermado:20200312121529j:image

泉さんの丁寧なご指導のおかげさまで

作りたいものが、カタチになる。
f:id:ateliermado:20200312121515j:image

 

madoを卒業したお兄さんはゴムでっぽう。
f:id:ateliermado:20200312121505j:image

今春卒業の妹さんは板から選んでノコギリ、

金づち、キリを使いこなし…
f:id:ateliermado:20200312121502j:image

熱中する。

 

描き上がった絵の気持ちよさを

子どもと一緒に味わう

f:id:ateliermado:20200312121518j:image

 

次は電車を作りたい!

やりたいことが明確になると

子どもたちは早く次の作業がしたくて

小走りに…。

f:id:ateliermado:20200312121455j:image
f:id:ateliermado:20200312121512j:image

 

椅子ができたよ。

手伝ってくれたお兄ちゃんも座らせてあげるね。
f:id:ateliermado:20200312121526j:image

 

ゴムでっぽう。

的をねらって盛り上がり!
f:id:ateliermado:20200312121521j:image

f:id:ateliermado:20200312234149j:image

 

お兄ちゃんが帰りがけ、

「もっちゃん(私のこと)、久しぶりに楽しかった」

 

よかった〜〜〜!

f:id:ateliermado:20200312121509j:image

 

来週以降も状況を見極め、最善と思えることを

選んでいこうと思います。

おためし、おとなmado

1/22におためし、おとなmadoをしました。

ワインをじっくり味わって、

それを絵の具を使って、色に置き換える。

ご一緒したメンバーで

最後に見せっこ。

自作を前にひとりづつ説明し

作品と感想をシェアするという試みです。

f:id:ateliermado:20200216172301j:image

絵の具を混ぜて、例えば垂らしてみる。

私が簡単にデモンストレーション。
f:id:ateliermado:20200216172333j:image

感覚を研ぎ澄まして、香り、味を楽しむ。

わいわい言いながら。
f:id:ateliermado:20200216173108j:image

久しぶりに筆を持つのは楽しいなあ〜〜
f:id:ateliermado:20200216172339j:image

f:id:ateliermado:20200216173239j:image

アトリエをお借りしている

ワインショップ和泉屋さんのご夫妻に参加していただきました。

ワインはもちろん、

奥様や参加された方の

お手製のお料理や

取り寄せられたチーズ

f:id:ateliermado:20200216174525j:image

さっきまでアトリエmado で子どもたちに

木工をご指導下さってた泉さん。

ソムリエバッチをつけて

本職に。
f:id:ateliermado:20200216172241j:image

昔、執事が使っていたという旧式のオープナーとともに、

マリーアントワネットとシャンパングラスの話など

興味深いお話お聞きしながら。
f:id:ateliermado:20200216172320j:image

あ、描いてるのかと思ったら

食べてる。
f:id:ateliermado:20200216172335j:image

白と赤のワイン

それぞれ2枚仕上げたものをずらりと並べて

みんなで眺める
f:id:ateliermado:20200216172323j:image
f:id:ateliermado:20200216173410j:image


スキッとした味が四角のイメージ。

赤ワインの中に補色を感じたので、まず下に緑色を塗ってみた。
f:id:ateliermado:20200216172313j:image   f:id:ateliermado:20200216172253j:image


時系列で上から味や、心情の変化を表現
f:id:ateliermado:20200216172246j:image f:id:ateliermado:20200216172357j:image


味の中心にあるものを探りつつ、

ガス感やまろやかさを形で表してる

腐葉土、黒いベリー言葉を色に…。
f:id:ateliermado:20200216172244j:image f:id:ateliermado:20200216172346j:image


白ワインに春ののどかな景色を思い

桜や小川のせせらぎが描かれてる
f:id:ateliermado:20200216172249j:image 
樽のイメージ
f:id:ateliermado:20200216172326j:image
少し酔っ払っちゃって楽しい気分や、

チーズを食べた瞬間、ワインの味がかわいくなってと、気分も色で表現
f:id:ateliermado:20200216174429j:image

近寄ってみたり。

f:id:ateliermado:20200216173324j:image

 

ズドンと重たい大地のイメージ。

下から描いていって途中デザイン的に
f:id:ateliermado:20200216172330j:image

左から…

ぬけるようなスッキリ感から

チーズを食べた時の変化。

愉快になってきてあとは、なし崩し

みんなで大笑い
f:id:ateliermado:20200216172257j:image
味のイメージを言葉に置き換えず

ダイレクトに色に置き換えるチャレンジ。

チーズやお料理によって

どんどん変化する味を

絵の具の色や濃さで描いてみた。
f:id:ateliermado:20200216172343j:image
f:id:ateliermado:20200216172915j:image

みんな手振りをいれ、

作品を指差しながら

の説明。

なるほど〜〜!

笑い。

拍手

 

思ってた以上にそれぞれの個性、感性が浮き彫りになり、深く深く味わい、それを分かち合えた時間でした。

f:id:ateliermado:20200216172310j:image
f:id:ateliermado:20200216172400j:image
f:id:ateliermado:20200216172913j:image
f:id:ateliermado:20200216172406j:image
f:id:ateliermado:20200216172304j:image
f:id:ateliermado:20200216173324j:image
f:id:ateliermado:20200216172307j:image
f:id:ateliermado:20200216172350j:image

最後に作品を額にいれてみました。
f:id:ateliermado:20200216172403j:image  f:id:ateliermado:20200216173800j:image

こんなふうに、描く、つくることを通して

素敵おとなが

じっくり味わって一緒に楽しめるサロン的な場を

作れたらいいなあと思いました。

 

球根描く人、武器を作る人…。

今日のテーマは球根を描くこと。

だけど

いつもどおり、それぞれにやりたいことをやる。

f:id:ateliermado:20200213135712j:image
f:id:ateliermado:20200213135739j:image
f:id:ateliermado:20200213135753j:image

木版画の続きに取り組んでいます。
f:id:ateliermado:20200213135756j:image

堅いのでなかなか大変。

メスキータの図録で白と黒のコントラストについて

お話ししました。
f:id:ateliermado:20200213135730j:image

しかけ絵本づくり。
f:id:ateliermado:20200213135718j:image

バッチリ製本できてニッコリ
f:id:ateliermado:20200213135732j:image

集中力がすごい!

熱中して描いてます
f:id:ateliermado:20200213135721j:image
f:id:ateliermado:20200213135715j:image

泉さんにサポートしていただき、

糸ノコで木を丸く切る。

汗かいても、上着を脱ぐ時間も惜しい。
f:id:ateliermado:20200213135727j:image

刀のツカの部分をきれいに切り抜きました。
f:id:ateliermado:20200213135724j:image

こちらも刀のツカにこだわる。
f:id:ateliermado:20200213140006j:image
球根からお話しがはじましました
f:id:ateliermado:20200213135745j:image

構図を意識して描いてます。
f:id:ateliermado:20200213135736j:image
f:id:ateliermado:20200213135750j:image

球根 幼稚園クラス

f:id:ateliermado:20200212141255j:image
f:id:ateliermado:20200212141252j:image
f:id:ateliermado:20200212141305j:image

幼稚園クラスも球根を描きます。

初めて球根を見る子には

この球根の中に、葉っぱや、根っこやお花の元が

入っていてお水だけでどんどん伸びていく話をします


f:id:ateliermado:20200212141242j:image

よーく観て。

よーく観て。

f:id:ateliermado:20200212142154j:image

自分でイーゼルを持ってきて

のびのび描く人

 

絵の具の色の重なりが楽しくなってきた人
f:id:ateliermado:20200212141307j:image

f:id:ateliermado:20200212142300j:image
f:id:ateliermado:20200212142304j:image

色が重なるのが美しくて楽しい!

 

球根の花から

素敵なお花が生まれる人

f:id:ateliermado:20200212141508j:image
f:id:ateliermado:20200212141504j:image

こちらは年長さんなので慣れてら様子

f:id:ateliermado:20200212141421j:image
f:id:ateliermado:20200212141248j:image
f:id:ateliermado:20200212141246j:image

 

球根を描き終わって椅子作りの続きをする人
f:id:ateliermado:20200212141301j:image