アトリエmado

栃木県足利市・佐野市の子ども向け造形教室

もんきり、幼稚園クラス

江戸時代、寺子屋の遊びだったもんきり。

紙を畳んで、型を合わせて切り、そっと開くと美しい紋ができます。

 

身近な植物や生活道具からデザインされ、

育てられてきたかたち。

それぞれに意味や歴史、込められた願いがあります。

三ツ持ち合いうろこ、陰ひなた三階菱、丸に三つ葉南天など美しく名前がついていて

日本人の美意識にあらためて感動します。

小学生クラスは

ひとつ前の記事をご覧下さい。

 

さて、幼稚園クラス。

紋のカタチが何に見えるかというところに

意識がいって

クレパスで描きたし、新しい作品が生まれました。

 

これには江戸時代の人もびっくりですね。

           

f:id:ateliermado:20200124001209j:image

 

仕組みがわかった瞬間の嬉しさ!
f:id:ateliermado:20200124001218j:image

夢中になって描いてます。
f:id:ateliermado:20200124001222j:image
f:id:ateliermado:20200124001206j:image
f:id:ateliermado:20200124001212j:image
f:id:ateliermado:20200124001215j:image

もんきり

f:id:ateliermado:20200119105035j:image
いつもお正月にはもんきりをします。

江戸時代、寺子屋の遊びだったそうで

紙を畳んで、型を合わせて切り、そっと開くと

あら!

わぁ!

 

身近な植物や生活道具からデザインされ、

育てられてきたかたち。

それぞれに意味や歴史、込められた願いがあります。

三ツ持ち合いうろこ、陰ひなた三階菱、丸に三つ葉南天など美しく名前がついていて

日本人の美意識にあらためて感動します。
f:id:ateliermado:20200119105009j:image

子どもたちはひたすら集中する

どんどん、難しいのにチャレンジする
f:id:ateliermado:20200119105032j:image
f:id:ateliermado:20200119104957j:image

知らず知らず、60°、36°という角度がわかる
f:id:ateliermado:20200119104952j:image


けれど合わせ方をまちがえるとバラバラに。

どうやったらバラバラにならないか、

悩んでね、考えてね。
f:id:ateliermado:20200119105012j:image

おやおや、ここにも笑

f:id:ateliermado:20200119105028j:image

できたもんきりはバランスを考えて

貼ってもらいます
f:id:ateliermado:20200119105005j:image
f:id:ateliermado:20200119105017j:image

(下中菜穂著 紋切り型などを使わせていただいきました。

#紋切り型 #もんきりあそび #まめもん

イズミヤニカイ 1/25オープン

f:id:ateliermado:20200117183753j:image

1/25に、建築家の丸山裕平さん

グラフィックデザイナーの鶴見裕也さん

お二人の

イズミヤニカイというスペースが誕生します。

 

アトリエmado の階下です(o^^o)

 

2016年に街中で作品展示するアートイベントにお誘いうけ、

アトリエmado の展覧会をしました。

 

その時、まちなか探検隊、隊長のご尽力で

ワインショップ和泉屋さんの

20年以上使っていない2階、3階の倉庫を

使わせていただくことになりました。

 

ボランティアさん、保護者の方々、和泉屋の方とともに掃除し、ペンキ塗りして…。

 

子どもたちの作品が一番美しく見えるようにという気持ちのもと、

大人たちは、持てるチカラを結集して場所を

作りあげ…。

 

子どもたちの作品が輝いたとき

みんな少し泣きました。

 

そうしてこのご縁で、ありがたいことに

3階をアトリエとしてお借りすることになり、

2階は試飲会などイベントスペースとなりました。

 

この度、2階を

丸山さん、鶴見さんが

シェアオフィスとしてリノベーションして

オープンされます。

 

素晴らしいセンスと技術とお人柄と。。

(余談ですがオトコマエ(o^^o))な

お二人にかかると

ここまで素敵な空間になるのかと驚きます。

オフィスとしてだけでなく、

コワーキング、イベントスペースとしても活用されるとのこと、

 

この場所が活かされ、ご縁でいろんな人たちがつながり、

生き生きと、新しいことが始まっていく予感。

なんて素敵なことでしょう。

 

少しずつですがmadoの子どもたちとも交流が生まれてます。

 

2016年のビフォー、展覧会写真を載せておきます。

2020年1月25日の内覧会の

アフターが楽しみです!

 

一番はじめの状態

f:id:ateliermado:20200117184032j:image

養生して

f:id:ateliermado:20200117184045j:image


f:id:ateliermado:20200117184030j:image

ペンキ塗り

f:id:ateliermado:20200117202257j:image


f:id:ateliermado:20200117202149j:image

子どもたちが一本、一本描いたものを

大人たちが組み上げました。

 

もぐって遊ぶ

f:id:ateliermado:20200117184048j:image


f:id:ateliermado:20200117184430j:image  

向こうにみえるのはcon展で大変にお世話になった小沢さんの作品


f:id:ateliermado:20200117184041j:image

2階の展示スペース

f:id:ateliermado:20200117155914j:image

 

昨日は共有部分の階段のペンキ塗りを

少しだけお手伝い。

どうなるかなー。

f:id:ateliermado:20200117200137j:image

#イズミヤニカイ#アトリエmado 

 

クリスマスリース 佐野クラス

クリスマスリースの素材を採りに山へ。
車で10分、この環境。

突然のお誘いに手を挙げて下さった保護者の方々とともに、

いつもにも増して
朗らかで伸び伸びした気分。

お邪魔にならぬようと
おっしゃった
幼稚園の子とそのおばあちゃんが
結果、主戦力だった笑。

今日の佐野madoはその素材と
自作のオーナメントを、組み合わせてリースをつくりました

f:id:ateliermado:20191211222225j:image
f:id:ateliermado:20191211222237j:image
f:id:ateliermado:20191211222254j:image
f:id:ateliermado:20191211222302j:image
f:id:ateliermado:20191211222258j:image
f:id:ateliermado:20191211222247j:image
f:id:ateliermado:20191211222250j:image
f:id:ateliermado:20191211222232j:image
f:id:ateliermado:20191211222229j:image
f:id:ateliermado:20191211222306j:image
f:id:ateliermado:20191211222244j:image

ポストができたよ。

f:id:ateliermado:20191203143358j:image

幼稚園クラスの2人の女の子が、他の制作をしつつ、

半年かけて取り組んできたポストができました。

 

板をノコギリで切り、

一枚ずつ色をつけて。

カナヅチ、釘も使って。

f:id:ateliermado:20191203143152j:image
f:id:ateliermado:20191203143155j:image
f:id:ateliermado:20191203143159j:image

木工の先生、泉さんは

何を作りたいですか?

と、まず子どもたちにたずねる。

 

「ポストを作りたい!」

子どものやりたい!というイメージに沿うように見本を示して下さり、

そっと支えてくださる。

 

苦労重ねてようやく、箱の形ができてきたとき、

子どもたちはお手紙いれるところがあってね、

パカっとこう開くように。

小さな手を動かした。

明確に立体のイメージがあることに驚き、

泉さんは廃材から板厚に合わせた蝶番とネジを用意して下さった。

泉さんもお母さんたちも、どうしても難しいところ以外は

子どもたちが自分で作った、と思えるように最小限の手助け。

 

代わりばんこにキリで穴を開けて、

カナヅチで釘を打ち

ようやくできあがったときの嬉しさ!

自信!

 

子どもの創作に関わるとき

大人の都合や価値観を押し付けてないだろうか?

失敗するチャンスを奪ってないだろうか?

 

いつも心に留めておかねばと思う

f:id:ateliermado:20191203143202j:image
f:id:ateliermado:20191203143144j:image
f:id:ateliermado:20191203143148j:image

中も裏も全てに美しい色があふれてる。
f:id:ateliermado:20191203143141j:imagef:id:ateliermado:20191203143257j:image
f:id:ateliermado:20191203143304j:image

次のレッスン時にとても早くきた子。

おばあちゃんと一緒に、たくさん入ってるお手紙を読んでます。
f:id:ateliermado:20191203143254j:image
f:id:ateliermado:20191203143301j:image

色を織る 準備

きっと子どもたちが喜ぶだろうなー!

子どもたちをびっくりさせたい!

無邪気に思いつき、展覧会をします。

 

そのインスタレーション「色を織る」の準備をはじめました。

f:id:ateliermado:20190505061755j:image

かつて栄えた織物工場あと。

この大きなインパクトある場所を

子どもたちのカラフルな作品で彩ります。

 

まずはひとり黙々と掃き掃除。

いろんな不安を追い出すように

全身のチカラを込めて。

うまくいきますように!

祈る気持ちで。。。

f:id:ateliermado:20190505062248j:image

等身大の50枚の絵が一番美しく見えるには

どうすればいいのだろう。
f:id:ateliermado:20190505062251p:image

 

翌日、ご家族そろって、

または、乳飲み子を預けて手伝いに来られた保護者さま。ボランティアさん

 

作業がはかどりありがたさが身にしみる。
f:id:ateliermado:20190505062242j:image

もっと仕事をしたい!

どんどん自分で仕事を探してすすんで働く子達
f:id:ateliermado:20190505062245j:image

親と共に働いて

場所をつくっていくこの経験が

この子たちにとって特別な貴重な体験となればいいなと思いました。

 

ここにSYUTAさんとmadoのワークショップでできた色のトンネルと

https://www.atelier-mado.jp/entry/2019/03/31/141057

f:id:ateliermado:20190505063609j:image
f:id:ateliermado:20190505063509j:image

そしてSYUTAさんが鋭意製作中の作品が持ち込まれ、

 

f:id:ateliermado:20190505070154j:image

また、子どもたちがひとつひとつの透明チップに描き、丁寧につみあげた光のオブジェを集めて灯し

作品としての空間が完成する予定。

 

この展示はあしかがアートクロスに参加しており、市内はイベントや作品展が目白押し!

 

ぜひぜひ!観にいらして下さい。

 

https://www.facebook.com/events/1200601160127553/?ti=icl

 

5/12〜19

大島毛織(株)
〒326-0814 栃木県足利市通5丁目3431
https://goo.gl/maps/eTwikb17rGMrQuqV6

 

#SYUTA #あしかがアートクロス #アトリエmado #色を織る #光のオブジェ #色のトンネル 

 

 

 

 

 

色の帯とフェイスペインティング@門前マルシェ

4/14足利学校門前マルシェhttp://monzenmarche.com/

というイベントにて、

フェイスペインティングと、SYUTAさんにお借りしたドラムで色の帯作りのワークショップをしました。

 

おしゃれびとが大挙して押し寄せ、賑わう中で

保護者の方々のお手伝いによりmadoらしくほのぼのいい雰囲気です。

 

できあがった色の帯は5/12〜19日

大島毛織での「色を織る」に展示します。

https://www.facebook.com/events/1200601160127553/?ti=icl

 

色の帯をバックにポーズ!

f:id:ateliermado:20190426114107j:image

ドラムをぐるぐるぐるぐる。

目が回る〜〜。

クレパスから色が湧いてくるような錯覚、

のうち…。色の帯ができあがります。
f:id:ateliermado:20190426132757j:image
f:id:ateliermado:20190426114113j:image
f:id:ateliermado:20190426114150j:image

市役所担当の方がガッチリ養生して下さったのでカッパを着て絵の具や墨汁も使いました。
f:id:ateliermado:20190426114054j:image

こちらはフェイスペインティング。

玄人はだしのママさんたちの前には行列ができ、一時は整理券を配布するほどの人気になりました。
f:id:ateliermado:20190426114139j:image
f:id:ateliermado:20190426114132j:image

子どもに描いてもらうママさん。
f:id:ateliermado:20190426114142j:image

市役所のオトコマエさんも。。。
f:id:ateliermado:20190426114117j:image

描きあいっこも楽しい!
f:id:ateliermado:20190426114121j:image

保護者さん同士
f:id:ateliermado:20190426114104j:image
f:id:ateliermado:20190426114057j:image
f:id:ateliermado:20190426114101j:image
f:id:ateliermado:20190426114136j:image
f:id:ateliermado:20190426114129j:image
f:id:ateliermado:20190426114125j:image

f:id:ateliermado:20190426115652j:image

f:id:ateliermado:20190426115729j:image

お誘いいただきサポートして下さった門前マルシェ実行委員の方々、

ペインティングやドラムまわし、看板づくりを始めとして細やかに気持ちよくお手伝いいただいたmadoのお父さん、お母さん、おじいさん、友だち…。

たくさんのみなさまに支えられて充実した時間をご一緒できたことを心から感謝します。

#足利学校門前マルシェ #色を織る #色の帯

#フェイスペインティング