アトリエmado

栃木県足利市・佐野市の子ども向け造形教室

大人から見るとなにかわからないもの

f:id:ateliermado:20181022133550j:image
f:id:ateliermado:20181022133557j:image
f:id:ateliermado:20181022133553j:image
f:id:ateliermado:20181022133603j:image
f:id:ateliermado:20181022133600j:image
f:id:ateliermado:20181022133547j:image
f:id:ateliermado:20181022133606j:image

大人からみるとなにか?わからないものでも子どもたちにとっては、ストーリーがあるものも、…ある。

何かイメージがあってそれを作る。または、

ある材料からイメージがひらめく。

いずれも作りながら考え、考えながら作る。

 

失敗!

失敗するからこそ、本気になる。

失敗できるチャンスがある。

 

大人がマニュアルを考えて材料を渡すのではなく、

いろんな材料を渡してちょっとしたきっかけを作る。

 

この日はタイルと泉さん(アトリエをお借りしてるワインショップ和泉屋のご主人)が作って下さったコルク人形。

男の子たちは

その人形にヒントを得て新しいカタチ。

f:id:ateliermado:20181022134720j:image
f:id:ateliermado:20181022134704j:image
f:id:ateliermado:20181022134647j:image
f:id:ateliermado:20181022134658j:image
f:id:ateliermado:20181022134715j:image
f:id:ateliermado:20181022134707j:image

 

この金髪の髪型はヤンキー  、だそう。(笑)

f:id:ateliermado:20181022134652j:image

 

この子は3回にわたってタイルで工作。

やりたいことをやりたいだけやっていただく。
f:id:ateliermado:20181022134710j:image
f:id:ateliermado:20181022134656j:image
f:id:ateliermado:20181022134701j:image

クギやボンドや、見えないところに苦労のあとがある。

 

 

 女の子はコルク人形に色を塗り布や毛糸など使って仕上げた。

f:id:ateliermado:20181022134344j:image
f:id:ateliermado:20181022134349j:image
f:id:ateliermado:20181022134341j:image

f:id:ateliermado:20181022134346j:image

 

木工部分は泉さんにご指導いただき…。

f:id:ateliermado:20181022134845j:image
f:id:ateliermado:20181022134847j:image

この子は舟のはずがベンチになって人形さんが座りました。
f:id:ateliermado:20181022134842j:image