アトリエmado

栃木県足利市・佐野市の子ども向け造形教室

尊氏公マラソン大会で、10km走ったこと

前回の記事で、楽しすぎて携帯が、どっかいってしまった事件書いた。

深夜の新宿歌舞伎町・・・。

あきらめてましたが、なんと!

拾ってわざわざ、警察に届けて下さった方のおかげで、無事にもどってきました。

ありがたい。。。。

さて。

先日開催された、地元の尊氏公マラソンに出ちゃった。

今年5月ころ、同窓生に誘われて「漂うように走る」宣言をして

はじめは、歩いたり、写メ撮ったり、道端の草摘んだり、しながら、いつでもやめる気持ちと準備だった。

そもそも、あのカラフルで、ちゅるちゅるや、シャカシャカしたウエアを着るのが気恥ずかしいのよ。

ところが、フェイスブック上で、同級生と励ましあったり、なぐめあったりしながら、少しづつ走り続け、

夏に同窓生とリレーマラソンというイベントに参加した。

3時間を6人以下のメンバーでたすきをつなぎながら走る・・・。

なんと、国立競技場で。

わ~ひさしぶり~、何十年ぶり?に会う人とも、汗びっしょりのたすきを渡す。

力いっぱい走ることが、まったく想像をこえて楽しくって、。。。

秋に再びリレーマラソン。(ピンクのシャカシャカ ウエア新調 笑)

そんな勢いで、マラソン大会、無謀にも10㌔。エントリー。

リレーマラソンと、同じように脳内からヘンな汁が出るらしく、

思ったより、早く走れて。

びっくり。

そして、すご~くうれしかった。

・・・走り終わると、汁も出なくなるらしくって、

ガクッと疲れが出る。

むせて、声もでない。

体内年齢、一気に老けた感じ。

それが、おちつくと、感謝の気持ち。

健康に・・・。

支えてくれる仲間に。

ランニングの先輩で「ひとくちアドバイス」くれる夫に。

走り始めてよかった。

季節や景色がとても身近に伝わってくる。

生きてるとだれでもあるでしょう、考えてもどうにもならないことや

かなしいこと・・・

朝の新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込むと

よどまずにいられそうな気持になる。

058_20131111002233e9b.jpg