アトリエmado

栃木県足利市・佐野市の子ども向け造形教室

木端(こっぱ)で工作

中之条ビエンナーレ行ってきました。運転嫌いの私が勇気を出していったのに、なんと、木曜定休!これから行かれる方どうか、お気をつけて下さい。

とはいえ、一部鑑賞できる展示があり、とほほと思いつつ、回りました。

ところが!

いや~。これで、充分くらい!いい作品観られました。

満足して、それからちゃらっと、温泉入って超お急ぎモードで帰りました。

サッカー息子の夕飯と送りがありますから・・・。

107.jpg

さて、以前、madoの課外授業の木工工作で、お世話になった岩月さんから、極上のこっぱを、いただきした。

かなり凝ったある意味マニアックな(究極の)木工をされている岩月さんならではの、こっぱ。

屋久杉、神社のご神木、ブラックウオールナット、黒柿、レッドシダー、桐、カツラ・・・

極め付きは、

御蔵島の桑の木の根っこ・・これは、昔は、皇室関係しか使えない特別な木で、絶壁にはえてるため、命がけで採るそうで、昭和天皇のときは3人亡くなったという話もあるそう・・・。

その、極上のこっぱを使って、足利クラスは工作しました。

いろんな色や肌触りや重たさや、香りがあるねと。。。

味わってもらってから・・・。

そうしてる間も子どもたちは、はやくやりたくってうずうずしてる。。。

木工ボンドだけの予定が、岩月さんのご協力、お指導のおかげで、くぎやかなづちも。。。。

009_201310092129032a3.jpg  

007_20131009212901a16.jpg

005_20131009212900d95.jpg

この子はまだ、4歳。

ちいさな、やわらかい両手をまっかにして、かなづちや、くぎと格闘。

004_20131009212859139.jpg

002_201310092128570bf.jpg

012_20131009212953e97.jpg

気づくと、髪にべっとり木工ボンド・・・

わたくし、愛用のてぬぐいで、あねさま?かぶり。

016_201310092129582cd.jpg

岩月さんは子どもたちのイメージをできるかぎりかなえてあげようと

額に汗しながら、限られた道具であらゆる技を駆使して下さり、

実際形になっていくのを観て、子どもたちの目がますます本気になっていくのがわかりました

でも、手出しは最小限。

子どもたちにできるかぎり作業できるように導いて下さいました

 

011-1_20131009212952df0.jpg

014-1_20131009212955b20.jpg

やっぱ、小学生男子(笑)

こうした作品をどんどん、作っていく子たちの隣で、今日初めて、体験に来たIくん。

手が止まってる。「どんな感じかな?」と聞くと、

「何を作ったらいいか、わからない・・・」

消え入りそうな声。

「そうなんだ、そうだよね。とつぜん来て、さあつくっていいよ。なんでも!と言われても困るよね。

どうしよう・・・?何作ろう??っていうときに、ものすご~く脳を使って頭がよくなるから、いいんだよ。

いっぱい、悩んで。」といいつつ、

気に入った木を見つけて何に見えるかから、形をつくることや、

ビー玉迷路などいくつか、ヒントをチラッとお話しました。

Iくんは、おやゆびほどのかわいい作品を作りました

015-1_201310092129566ca.jpg

胸に、御蔵島の桑の木ついてます!

025_20131009213109439.jpg

お見せできないのが残念。裏がとても凝っている車。

023_20131009213108fb3.jpg

022-1_201310092130331ab.jpg

021_201310092130323da.jpg

018_20131009213030ac5.jpg

019_20131009213030756.jpg

017-1_20131009213027065.jpg

しゃれてる~。

以前こっぱを使ったときは絵の具で着彩しましたが、今回は木の美しさを味わってもらいたかったので

色付けなし。

木の色の違いに気づいて模様をつくる子、形の面白さから、イメージを膨らませる子。

ともかく、、トントン、かんかん、くっつけるのが楽しかった子。。。

自然の素材は口ではうまく説明できないけれど、子どもたちに多くのことを伝えてくれるんだな。。。

ほとんど2時間。もうそろそろお片付けというと、それでも、もっとやりた~いという子(4歳の子も)

子どもの集中は45分と聞いたことがあるけれど、

madoでは、そうじゃない集中っぷりを、たびたび、目にします。

あ~。楽しかった。

感謝の気持ちでいっぱいの今日のmadoでした。