アトリエmado

栃木県足利市・佐野市の子ども向け造形教室

等身大の私 足利市美術館ワークショップ

長男の熱が下がり10日以上ぶり、やっと、学校に行きだしたと思ったら、次男発熱。

しかたない。

優しくして、恩を売る、これで、お手伝いを強要する!!といったら、

長男、とても、うれしそうに笑ってた。

さて、足利市美術館の年間4回の親子むけのワークショップを担当しています

第1弾のぱたぱた絵本作りに続いて・・

8月6日の第2弾。

「等身大の私」

2mの紙に、子どもが、寝っころがって、親が子どもの全身の輪郭をなぞって

一緒に、アクリル絵の具で描くという、予定だった

けど。

もう、アトリエでやってしまったことを

そのまま、もう一度やるのは、なんだかね。。。。

それでいいよ、と言われていても。。。

私だって、わくわくしたい。

できれば、悪だくみもしたい

ということで、ひとひねり、ふたひねり・・・。

素材を変えて・・。

日曜日。

試作

発熱の次男の代わりに、反抗期なりかけ中1の長男をなだめ、すかして試作づくりの相棒に任命。

「めんどくさ」「うっざっ」

「そういわないでよ~。なりたいものは?」

「特になし」

「・・・・なんか、なんか、あるでしょ?」

「じゃあ、サラリーマンでいいやっ。」

そんな、無気力な出だしではありましたが、

長男はやりだすと、どんどん、楽しそうな顔つきになり、最後はオプションまで作った。

今日、美術館での打ち合わせ

次男は「母ちゃん、お仕事がんばってね~」

気持ちよく留守番してくれるありがたさ。

試作品を、持っていくと、わるくなさそな手ごたえ。

ここまでやるとは。

これは、どこも、やっていない。

おもしろい!

そのあと、館長さんも来られてにこにこ。。。

あとは、準備。。。小さいことの積み重ね。わくわくを、胸に温めながら。

第2弾も、皆さんに、思いっきり楽しんでいただけるよう、準備します