アトリエmado

栃木県足利市・佐野市の子ども向け造形教室

ぱたぱた絵本

きのう、幼稚園の新年度生受付でした

10時開始・・・

10分後には定員になりました。

ほんとに、まわりのひとたち、たくさんの人たちに支えられて・・・

感謝の気持ちで5月17日にスタートを切ります

5月15日に、いよいよ、

足利市立美術館で親子向けのワークショップ第1弾「ぱたぱた絵本作り」http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/

こちらも、ありがたく早々に定員オーバー。

総勢25人ほど、

足利市美術館であまりない大人数だそうです。

今日はその、原本づくり。約20冊・・・

音が全くしない、美術館の地下のへやで、

大きな紙を切って、しるしをつけて

バターナイフで筋をつけて、じゃばらに折る

糊ではりあわせる。

ミリ単位のしごと。

校正の締切に追われつつも、一緒に作業してくださる

学芸員さんとの会話が救い。

へばりつつも、ワークショップ後のビールを思ってがんばりました

5月から、「飲まない実験」をしている。

けど、ちょこっといっちゃった

その、1回が、小池アミーゴさんの個展でふるまわれた一杯のビール

http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=5937

http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=5739

しみました~。

あの、素晴らしい、ワークショップの後だったから。

参加後も、思い出すと、こころが、あったかくなる・・・・

いっしょに参加した次男は、こんなおもろい大人がいるなんて

びっくりしたと思う。

こそっとそのへんに咲いてる花を

こんなに、いつくしんで描けるひと、いないんじゃないかな。

こんな、ときだからこその思いの詰まった展覧会、ワークショップでした

別の日に行った、北村範史くんの作品展http://norichika.petit.cc/muscat2/

は、ため息ものでした。

6年間描きつづけた、球根の絵

洗練された線、構図・・・

いくら見ていても、見飽きることがないほど。

空間も、こだわり派の、北村君らしく、気持ちよく整えられていて

さすがと、思いました

話を戻して

アトリエで制作したぱたぱた絵本の一部です

036.jpg

035.jpg

037.jpg